FC2ブログ

古紙屋の娘の連絡帳

お仕事のこと・・・私の想いをお伝えします

事例 廃棄文書散乱

昨日のニュース

職員の緊急連絡先などを含む機密文書が一部含む廃棄書類が
大阪市内の路上に大量に散乱しているのが見つかったとのこと。

職員が一般廃棄物として出した書類が
運搬中の収集車の荷台から落下したとみられ、
一部が情報漏洩した可能性があるという。

内規上は廃棄する際に裁断や溶解などをする必要があったが、
見つかった文書の中には、職員の氏名や緊急時の連絡体制表、
航空機事故の対応マニュアルなど個人情報を記載した
機密文書が少なくとも約40枚含まれていたとのこと。

今回はそのコピーなどで、一般文書として廃棄依頼され
廃棄処分を委托した民間業者の収集車から運搬中に
誤って落下したとみられるとのこと。

こういう事故ってホント後を絶たないですよね。
荷台から荷物が落ちてしまう事って
残念ながら起きてしまいます。

平ボディのトラックならもちろんのこと、
紙がバラバラのまま積んであると、
箱型の密封式といえども、
その隙間から1枚・2枚と・・・とするりと落ちてしまうことがある。

今回は、機密扱いの文書を一般古紙として廃棄してしまったことに
真の原因があります。
だからこそ、文書の廃棄については、
その取得から利用、保管、廃棄までをしっかり考えて
行なう必要があります。

まずは、一般文書と機密文書をしっかり分ける!
これが基本ですね

スポンサーサイト

別窓 | (株)大久保 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<お花見 2018 | 古紙屋の娘の連絡帳 | 春の九州へ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 古紙屋の娘の連絡帳 |