古紙屋の娘の連絡帳

お仕事のこと・・・私の想いをお伝えします

ミャンマー その4

弾丸ツアーももう終わり。
台風が直撃する前に帰らなきゃ
最後にあと少しだけ、ミャンマーを紹介。



ここはスーチーさんのご自宅とのこと。
今は首都であるネピドにいらっしゃるそうです。

真ん中の写真は、ミャンマーを独立に導き暗殺された
お父さんであるアウン・サン将軍。

スーチーさんは、ここで14年以上も拘束・自宅軟禁下に置かれたそう。
軟禁時代、ここまでしか自由がなかったというところを
教えておもらったけど、
ごくごく、わずかな場所でした。

今はロヒンギャの問題で、難しい立場だとは思うけど
こうして今のミャンマーがあるのは、スーチーさんのお蔭。
本当に立派な方です。

そして、街中はこんな感じ。



バナナ屋さん。



干物屋さん。



女性はタナカという日焼け止めを顔に塗っている。
チークみたいに色をつけるんだけど、
それが独特。
実はちょっと怖い

タナカを顔中に塗っている方に振り向かれると
ウォ―キングデッドを見てるせいか、
一瞬、ドキっとする



街中いたるところにある食べ物の屋台。
さすがにチャレンジはできなかったけど、
美味しそうでした



野良犬がいっぱいいました。
あちこちに寝てます。
市内を少し離れると、
牛、ヤギ、ニワトリ・・・なんかもウロウロしています。


急速な発展をしているミャンマー

今の最低賃金は3600MMK/日
日本円で300円位です。
携帯料金も格安になり、
今急速に普及しているそう。

あと10年、20年したら
きっと別の顔になっているんだね。
この瞬間のミャンマーを感じてこれて
貴重な経験になりました。

海外に出ると、
宗教の問題、人種の問題・・・
日本にいると考えたこともないことが
ごく身近にある。

多様性に壁をつくらない自分でありたいと思うし、
広い世界で「今」を考えたいな。



ではでは、
これにてミャンマー弾丸ツアーはおしまい。
貴重な時間、ありがとうございました。




スポンサーサイト
別窓 | 海外編 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 古紙屋の娘の連絡帳 | NEXT