古紙屋の娘の連絡帳

お仕事のこと・・・私の想いをお伝えします

肝に銘じて・・・

昨日の総会で、H社長がこんなことを述べていた。

採算のあう部署と不採算な部署があるが、
不採算の部署で働く人は
上には怒られ、更なる努力を求められ、
周りには、肩身の狭い思い感じ、
その中で必死で頑張っている。
不採算であることの一番の原因は
経営者であることを肝に銘じて取り組まなければ
働く人に失礼だと。

また、人という字はお互いに支え合ってできているが、
片方がいなくなったら、人ではなくなる。
支えてくれる人を大切にしなければ、
誰もいなくなると。
商売は人とのつながりで成り立っていることを
忘れるなと。

前回、お会いした時もH社長から、
「蟻の穴から堤も崩れる」ことを肝に銘じなさい
とお叱りを受けたことを思い出す。

今、ビシッと怒ってくれる人って、なかなかいない。
怒るより、取引を解消し、縁を切ってしまった方が簡単だから。

こうやって、目の前にして怒ってくれるということは、
大きな愛に溢れている方なんだと思う。

夫々がしっかりと肝に銘じて
進んでいなかければならない。

それが一番わかって欲しい人に届きますように・・・


スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 古紙屋の娘の連絡帳 | NEXT