古紙屋の娘の連絡帳

お仕事のこと・・・私の想いをお伝えします

やらないことを決める

段ボールの収集では、パッカー車という巻込み式の塵芥車を利用しています。
購入を検討するたびに、
富士車両のパッカー車がいいのに作るのやめちゃったんだよね・・・
と社員が漏らしています。

今私は、12月まで、月に何回かのペースで
ある勉強会に参加させてもらっています。

そこで、最近よく耳にする
「やらないことを決める!」というキーワード。
やらないことを決めることで、やることが明確化になるということです。

富士重工業株式会社 吉永社長のご講演の記事に、
戦略の成功は“選択と集中による差別化”とありました。

「安全」へのこだわりと運転の「愉しさ」で
差別化(選択と集中)するという戦略を掲げ、
次の3つの領域の集中をしたそうです。

一つ目は領域の集中。
自動車事業と航空宇宙事業に集中し、
他の事業(ゴミ収集車事業、風力発電事業)は他社へ譲渡。

二つ目は生産車種の集中。
軽自動車の開発・生産を止め、他社からのOEM供給へ切り替え。

三つ目は要素技術の集中。
安全NO.1の車づくり(アイサイト・衝突回避)、
乗り心地の良い車づくり(4WD・水平対向エンジン)に的を絞る。

この“選択と集中による差別化”により、
北米市場でブランド力が圧倒的に強く、好調な業績をあげているとのことでした。

これを読んで、
なぜ、パッカー車を作ることを止めてしまったのか、
そして、やらないこと決めることの大切さも
やっと理解できました

やらないことの決断は、経営者としては難しい判断になりますが
熟慮のもとで導きだすその潔さを、
私も持てるようになりたいです。




スポンサーサイト
別窓 | (株)大久保 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 古紙屋の娘の連絡帳 | NEXT