FC2ブログ
2012.05.28 12:07|(株)大久保
次は上物古紙の選別状況です。
同じように、梱包をといて、人海戦術で除去していきます。
ここでは9人の作業員が、
UVインクやノーコート、色付などの紙がないかをチェック
こうして除去していくと、
入荷量に対して約20%位が、格下げ品になってしまうそう。



判別しづらい紙は、薬品をつけてみます。

 

こうやって黄色になっていれば

格下げ品のグレードを少しでもあげるために、
さらに手をかけ、
いい上物古紙を分別している。
格上げ率30%ほど。

   

製紙会社さんが
こんなに人をかけて、分別していることが
正直意外で、ビックリしました。
(古紙屋さんか?と思う位です)

「品質向上のためには、
古紙屋さんだけに、分別を求めるのではなく、
自分たちも、手間をかけ、分別しているんだ」
有難いお言葉


紙の利用者、排出事業者、
そして、古紙屋、製紙会社・・・
「紙のリサイクル」推進のため、
それぞれが、情報を共有化して、
しっかりと協力し合える社会にしていけるといいな


それにしても、これから先も
人の手や目を頼った分別では、ムリでしょー?
どうにかならないのかしら?

昇華転写紙の最近の研究で、
上に塗料を塗ると、色が出てくることがわかってきたそうです。
(コート系の白板紙を作る工場にトラブルが多いのは
そのためらしい・・・)

出来てきても、問題のないところに使用する
これが一番いい解決策かもね
スポンサーサイト



04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

薫

Author:薫
よろしくお願いしま〜す♪

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR