FC2ブログ
2020.08.07 16:18|(株)大久保
(株)大久保 夏季休暇のお知らせ

本社;8月12日(水)~8月16日(日)
営業所;少数先鋭での営業となります

回収の変更等のご要望は、お早めにご連絡下さい。
休暇期間の緊急のご連絡につきましては、
各担当の携帯電話までお願い致します。

どうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト



2020.08.01 09:22|(株)大久保
昨日は、横浜市資源リサイクル事業協同組合様で
様々な活動についてお話をお聞きしました

横リ協では、
子供達の環境意識を育むことを目的に
「環境絵日記」を募集しています。

毎年約2万件も応募があるそうですよ

また、「リサイクルデザイン」 という
フリーペーパーを自分たちで発刊し、
3Rの様々な活動や情報を、発信し続けています。

携わる者の発信には説得力がありますよね

また、「よこはまリユースびんプロジェクト」 という
資源物の「ビン」にスポットをあてた新しい取り組み、
「地産地消」の果物などを使ったジュースを詰め、市内の飲食店へ販売、
使用したビンは回収、洗浄し、
また、そのジュースを詰め、販売するといったもの。

昔もありましたよね。
ビンをお店に持っていくとお金もらえたってヤツ

それに、地産地消をプラスし、
リユースびんを利用した、横浜市内の新たな文化づくりをしています。

これってスゴイなぁ

横リ協の取組みって
私たちのしている業務の、その先を行く取組みだよねー

お話を聞いているだけで、
なんだかワクワクしてきました

私も今の仕事のその先を作り出していかなきゃね

これからも横リ協の活動を勉強させて頂きま~す。
ありがとうございました。


2020.07.29 18:08|(株)大久保
昨日は、関東商組 安全防災委員会にて
新明和工業(株)さんが世界初で開発した
巻き込まれ被害軽減装置のついたパッカー車の説明会を開催しました

安全防災委員会では、
「全原連加盟組合員全社の無事故・無災害達成!!」を目標に、
年4回の安全ポスターの作成、安全セミナーの開催等、
安全啓発活動をしていますが、その道は険しく、
ベーラー、重機、トラック・・・と、
古紙屋の仕事に関する事故は、依然として減ってはいません。
とりわけ、事故の中でもパッカー車の巻き込まれ事故も多く、
頭の痛い問題です。

今回のパッカー車は
Smart eye motion(スマート・アイ・モーション)という、画像認識技術を用い、
頭部検出と色彩検出により、人と投入物を識別し、
積込みプレートの作動を自動的にストップさせるものとなります。

この装置には、①人かそれ以外での検知 ②色で検知 ③録画 ④人物検知ブザーの
4つの機能を持たせ、積込プレートを自動ストップさせています。

まず①人かそれ以外の区別は、スマホの画像処理の技術を利用し人を認識し、
AIで学習し人かどうか判定。
実際にマネキンを近づけるとピタッと回転板が止まりました。




②色で検知は、赤・青・緑を認識させる機能がついており、
例えば青を認識するように設定すると、青色のものが検知されるとピタっと止まります。




③録画では、バックモニターのカメラで画像認識させ、
それを録画しています。実際の事故が起きた時に映像を見返し、
どのような状況で事故が起きたのかを分析することが可能です。

④人物検知ブザーでは、後退時に車両の後ろにいる人物を検出し、
キャブ内のブザーがなり注意喚起します。

想像以上に、検知機能が高く、積込プレートがピタッと止まり大変驚きました

まだまだ、認識性能や制御性能には限界もあるようですが
スゴイ技術です。

古紙屋の作業では、段ボールを押さえて積込みすることが多く、
これじゃダメだと言われるケースもあるそうです。

でもね・・・
手で押さえる作業は本当にいいのか?
だから、巻き込まれ事故が多発するのではないか?
単発でなく連続での作業は当たり前なのか?
私は作業はしないので、
それでいいの?といつも疑問に思います。

作業性をとるか、安全性をとるか、
本装置をきっかけに原点に立ち戻り、
パッカー車の作業手順を見直す一助になればいいな
と思いました。




コロナ禍にも関わらず、沢山の方に参加頂きました。
新明和工業(株)さん
ご協力ありがとうございました。

この装置の詳細動画が下記HPにありますので
是非ご参考下さ~い。

新明和工業(株)

2020.07.22 08:53|(株)大久保
環境省と経済産業省は、2022年以後、
肉や魚、総菜の食品容器や文房具など、
家庭から出る様々なプラスチックごみ(プラごみ)について、
新たに「プラスチック資源」(プラ資源)の区分を設けて
一括回収するよう、動き始めるそう。

文具やおもちゃ、バケツに洗面器
三角コーナーなどのキッチン用品や調理器具、ちりとり・・・
など、家庭から出るプラスチック製の商品全般が対象品目とのこと。

家庭プラごみは今
「可燃ごみ」 「不燃ごみ」など、
自治体ごとに回収区分がまちまちのため、
プラごみ専用の区分を新設してリサイクルを促進する狙っているんだって。

ウチの自治体は
プラは可燃ごみど一緒でOK。
焼却施設の充実度によって、自治体毎に差があるもんね。

同じ品目なのに、
住んでいる場所によって、
これはリサイクル出来る or 出来ないって
すっごく変だと思う。

法整備され、日本全体で
リサイクルが推進されるならいい。

プラスチックは、それ自体の種類も多いし、
混合品であることも多い。

次は、どのプラが資源プラか?
の識別が簡単になることが必要だよね。

だから、これに伴い
容器包装の識別マークも見直しが入るといいな。
(紙も含めてね)

折角、改正される法律なら、
国民がわかり易く、利用し易く、
そして、環境貢献の高いものであって欲しいよねー

2020.07.21 07:22|(株)大久保
スコッチ・ウイスキーの「ジョニー・ウォーカー」が
2021年から紙製ボトルでの販売を開始すると発表したとのニュース。

新しいジョニー・ウォーカーボトルの素材は、
持続可能な森林素材を使ったパルプから作られていて、
完全にリサイクルできるそう。

ボトルの内側はプラスチックではなく樹脂でコーティングされており、
中の液体が漏れないようになっている。
樹脂コーティングはボトルが空になった後に分解可能で、
キャップはアルミニウム製なんだそうです。

消費者は分別の手間なく、
ボトルをそのままリサイクルに回すことができるとのことです。

現在は、ガラス瓶。
ガラスびんも製造過程でエネルギーを消費し、炭素を排出する。

また、従来の紙パックは内側をプラスチックでコーティングしており、
脱プラの流れと逆行。

紙製ボトルはパルプを圧縮したあと、マイクロ波で処理され
ボトルの内側にはコート剤が塗布され、ボトルと内容物が直接触れないような加工なので
森林素材のみで環境貢献が高いとのこと。


???
確かに、そうなんだろうね。
革新的で、素晴らしいことなんだと思う。
そして、EUを中心に、確実に増えていくんだろうね。

でも~
これ、真っ黒なんだよね。
いくらパルプ100%でも
真っ黒は、古紙リサイクルにとても不向きなんだよねー・・・

こんなパッケージ作るより、
今あるガラス瓶で、量り売りしたり、
リターナルを推進したりする方が
いいんじゃないかなぁー・・・
と考えるのは私だけでしょうか???

日本でも、このような容器が出てくるんだろうなぁ・・・

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

薫

Author:薫
よろしくお願いしま〜す♪

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR